例えば、こんな感じの内容です。

お店のスタッフに「POPを書いて」と頼んでも、
「えー、POPなんて書いたことがないよー」とか、
「字がヘタだから無理です。」
単純明快に「イヤです。」 なんて言葉しか返ってきませんでした。

POPを書いてくれるのは、いつも10人中一人か二人でした。

そんなスタッフをビレッジヴァンガードやタワレコに 連れて行くと、
そこはPOPで溢れかえっていますよね。 すると少しやる気になったりします。

でもまだ書きません。 どうやって書いたら良いのか分からないようです。

アマゾンのカスタマー・レビューのように 作品の感想を書いてみて、、、とか、
いろいろヒントを与えても、まだまだ動きません。

お友達にヨカッタCDを薦める手紙を書くように書いてと いってもダメ、、、

で、ある日、ある提案をしたところ、 それなら出来ると思ったスタッフがちらほら出てきました。

img082

そして、書いているスタッフを見て、 自分も書こうとするスタッフが増えてきたのです。

さらに、そうやって書いたコメントを元に 発展系を考えてみました、、、

 

 

 

 

 

Print Friendly, PDF & Email